PAGE TOP

2021年03月31日

スポンサーリンク

格安スマホセール moto g9 play キャンペーン特集で料金比較!いちばん安いMVNOはどこ?



simfree_moto_g_pro.jpg

目 次



moto g9 play のキャンペーンセール更新履歴


2020.11.20 LINEモバイル
2020.11.18 OCN モバイル ONE 更新
2020.10.26 moto g9 play 取扱いMVNO別一覧更新


おすすめ順!MVNO別キャンペーンセールの料金比較


MVNO一括払分割払キャンペーン
OCNモバイルONE
15,180円
-
★オススメ No.1
他社からの乗換えで(MNP)で5,000円OFF
最大12ヵ月!かけ放題月額1,000円キャンペーン
OCN光モバイル割12カ月500円割引キャンペーン
Amazon Music Unlimited 500円引きキャンペーン
23,980円
1,001円
★オススメ No.2
◎音声SIMセット3,000円ギフト券
LINEモバイル販売終了販売終了
moto g9 play 販売記念SALE
BIGLOBE mobile販売終了販売終了
◎最大20,000円相当ポイント還元で端末代が
 実質総額16,000円
◎初期費用無料
◎音声通話SIMが6ヶ月間 400円~
Y!mobile(ワイモバイル)販売終了販売終了
ワイモバイルスーパーセール実施中
◎事務手数料 3,300円が 無料
楽天モバイル販売終了販売終了
◎UN-LIMIT 月額プラン料金1年間無料
◎UN-LIMIT 最大26,300円相当ポイント
エキサイトモバイル販売終了販売終了
格安SIMスタートキャンペーン
◎初期登録手数労3,000円が無料
◎先着100名デジタルギフト券プレゼント
UQモバイル販売終了販売終了
moto g9 play 発売キャンペーン
◎最大13ヶ月間 +3GBータ増量キャンペーン
mineo
マイネオ
販売終了販売終了電子マネーギフトプレゼントキャンペーン





moto g9 play スペック一覧


機種名moto g9 play
端末カラーフォレストグリーン  / サファイアブルー
ディスプレイ
約6.5インチ
1,600 x 720 (HD+)
Max Visionディスプレイ
幅x高さx厚み75.73mm × 高165.21mm × 厚9.18mm
重量約200g
プロセッサーQualcomm® Snapdragon™ 662
オクタコアプロセッサー
メインメモリ4GB
記憶容量64GB
メインカメラ(背面)約4,800万画素 + 約200万画素 + 約200万画素
サブカメラ(前面)約800万画素
バッテリー容量5,000mAh
OSAndroid™ 10.0
SIMカードスロット
nanoSIMスロット × 2 (DSDV対応)



SIMフリースマホ moto g9 play の特徴

特徴① 高速充電と大容量バッテリー

5,000mAhの大容量バッテリーを搭載。さらに、1度の充電で約2日以上の駆動を可能とするので、外出時でも電池切れの心配もなく動画や写真撮影、インターネットなど存分に楽しむことができる。大容量なだけに20Wの高速充電に対応しているのは有難い。

特徴② 高画素カメラで夜景もポートレートも美しく撮影

4,800万画素メインカメラ200万画素マクロカメラ200万画素深度センサーカメラを搭載したトリプルカメラシステムは、様々な写真撮影が楽しめる。メインカメラには、4画素を1画素に結合するクアッドピクセルテクノロジーが採用され、夜景など薄暗い場所の撮影でも、ノイズを抑えてくれる。こだわりのカメラ配列やAI機能により、撮影モードを自動で最適化し、ブレを軽減してくれるので安定した動画撮影も可能だ。

特徴③ 優れたパフォーマンス

Qualcomm® Snapdragon™ 662 オクタコアプロセッサ、4GB RAMを搭載し、アプリを複数立ち上げていてもストレスを感じさせない快適な処理能力だ。内蔵ストレージ64GBに物足りなければ、microSDを最大512GBまでの拡張することができる。背面指紋認証センサーによって、画面ロックを簡単に解除することにも対応する。

特徴④ つい見入ってしまう映像

6.5インチの大画面にアスペクト比20:9のMax Visionディスプレイが採用されている。映画やゲームなど撮影した動画などを超広角ビューで楽しめる。うちつい見入ってしまうディスプレイで、いろんなエンターテインメントを圧倒的な臨場感で表現してくれる。

moto g9 play は買いか?

大容量なのでバッテリーは、通勤や通学途中で交通機関移動中に使用する程度であれば、帰宅してもだいたい残り60%くらいは残るはず。一日くらい充電忘れがあっても心配無用なレベルではある。毎日使用する絶対的必需品の電池切れだけは避けたいところだ。そのほか、ディスプレイの大きさやプロセッサー性能、そしてカメラ機能から見れば、1万円台で購入できるので、コスパの良いスマホになっている。iphoneやAQUOS、Xperiaなどメーカーのこだわりが無ければ、ぜひとも検討したいスマホである。
posted by かおり at 22:31| 京都 ☀| ★ニュース モバイル | 更新情報をチェックする