PAGE TOP

2021年03月31日

スポンサーリンク

格安SIMフリースマホ AQUOS sense3 SH-M12 MVNO別キャンペーンセール特集


aquossense3sh12.png

目 次



AQUOS sense3 SH-M12 のキャンペーンセール更新履歴


2020.11.18 OCN モバイル ONE
2020.9.15 BIGLOBE mobile 更新
2020.9.3 キャンペーン更新
2020.8.30 キャンペーン更新
2020.8.17 キャンペーン更新
2020.6.2 キャンペーン更新
2020.2.19 キャンペーン更新
2020.2.18 キャンペーン更新
2020.1.27 AQUOS sense3 SH-M12 取扱いMVNO別一覧記事追加

AQUOS sense3 SH-M12 MVNO別キャンペーンセールの比較


MVNO一括払分割払キャンペーン
OCNモバイルONE
21,010円
-
★オススメ No.1
他社からの乗換えで(MNP)で7,000円OFF
最大12ヵ月!かけ放題月額1,000円キャンペーン
OCN光モバイル割12カ月500円割引キャンペーン
Amazon Music Unlimited 500円引きキャンペーン
楽天モバイル
ポイント還元で
実質 20,980円
24回 1,082円
48回 541円
★オススメ No.2
月額料金末2,980円が1年間無料
最大22,000円相当ポイント還元
販売終了
販売終了
初期費用1円!さらに音声SIMとセットで月額830円
LINEモバイル販売終了販売終了
◎月額利用基本料3ヶ月 500円キャンペーン
◎格安スマホぽっきり 機種変更で一括12,000円~キャンペーン
◎格安スマホぽっきり新規で月額500円~キャンペーン
BIGLOBE mobile販売終了販売終了
◎ポイント還元で総額実質18,000円
◎初期費用無料・音声SIM6カ月間 500円~
UQモバイル販売終了
販売終了
データが3GB増量キャンペーン
◎UQ家族割で2台目から月額1,480円
mineo
マイネオ
販売終了販売終了
◎電子マネー3,000円プレゼント
◎4GBで6ヶ月間月額710円~キャンペーン
エキサイトモバイル販売終了販売終了
格安SIMスタートキャンペーン
◎初期登録手数労3,000円が無料
◎SIMカード発行手数料3枚まで無料





AQUOS sense3 SH-M12 スペック一覧


機種名AQUOS sense3 SH-M12
端末カラーライトカッパー / シルバーホワイト  / ブラック
ディスプレイ約5.5インチ / FHD+ / IGZO / 1,080 x 2,160
幅x高さx厚み幅70mm × 高147mm × 厚8.9mm
重量167g
プロセッサーQualcomm® Snapdragon™ 630/オクタコア 2.2GHz + 1.8GHz
メインメモリ4GB
記憶容量64GB
メインカメラ(背面)
1,200万画素(標準) + 1,200万画素(広角)
サブカメラ(前面)800万画素
バッテリー容量
4,000mAh
急速充電対応
USB Power Delivery対応
OSAndroid 9 Pie
SIMカードスロット
nanoSIMスロット × 2
DSDS対応



SIMフリースマホ AQUOS sense3 SH-M12 の特徴

AQUOSシリーズ最長の電池持ち1週間スマホ

AQUOS sense3 SH-M12 は、スマホ横幅が70㎜なのに4,000mAhの大容量バッテリーの搭載と、消費電力の低減を追求したシャープ独自のIGZOディスプレイとの併用で従来よりもさらに長時間電池持ちするという。その持続時間は利用頻度にもよるがAQUOSシリーズ最長の1週間

また、急速充電に対応し、この急速充電を繰り返し利用しても電池の劣化を抑える インテリジェントチャージ に対応する。

なお、急速充電対応の充電器を新たに購入しなくても、同梱するACアダプター(USB Power Delivery 対応)で対応可能だ。

AI対応デュアルレンズカメラでよりダイナミックに

AQUOSシリーズでは珍しく広角と標準のデュアルレンズカメラを搭載する。近距離撮影を得意とする1,200万画素の標準カメラに加え、臨場感のある風景や大人数での集合写真などを得意とする広角レンズを内蔵。その他、手ブレ補正や画質エンジンもパワーアップしたことで、さらに思い通りの撮影が楽しめる。

さらに向上したスマホパフォーマンス

ストレスフリーで充実したパフォーマンスがさらに向上している。数年前に発売された AQUOS sense2 SH-M08 に比べてプロセッサーが約15%、GPUは約60%性能が向上し、4GBのメインメモリは、より高速な処理をしてくれる。複数のアプリを同時に利用してももたつき感が感じられない。

また、64GBのストレージを搭載しているので、動画など容量を必要とするデータも気にせず保存できる。

防水・防塵・おサイフケータイに対応

雨の日や台所など水回りでも安心して使える防水(IPX5/8)・防塵(IP6X)に対応。元々水濡れに強いIGZOディスプレイとタッチパネルなので、画面に水滴が付着しても操作できる

また、おサイフケータイや画面ロック解除が簡単にできる指紋認証顔認証にも対応する。

AQUOS sense3 SH-M12 は買いか?


AQUOS sense3 SH-M12 は、デュアルレンズカメラの搭載で従来よりも撮影しやすくなった事、バッテリー容量が4,000mAhと現在発売されているスマホ全体から見れば驚くほどの大容量値ではないが、海外製スマホに比べ俄然電池消費ペースは少ない。その他、防水防塵・おサイフケータイなど思いっきり日本人向けのスマホ。あとは、費用になってくるが、端末代をせめて2万円台に抑えればコストパフォーマンスとしては満足のいく買い物になるだろう。

posted by かおり at 23:24| 京都 ☔| ★ニュース モバイル | 更新情報をチェックする