PAGE TOP

2014年11月01日

スポンサーリンク

格安スマホ購入前に 格安SIM提供元の「MVNO」ってなに?

大手キャリアのプランよりも低価格!


スマホに内蔵される「SIMカード」は、スマホを購入するときに大手キャリアより提供されるカードをショップで装着してもらうのが当たり前でした。そして、このような場合には、大手キャリアの高額ともいえるプランを選ぶしかありませんでした。

ここ最近では、高額な月額料金への不満が高まり、大手キャリアプランより低価格な格安SIMを使うユーザーが増えています。また、そのユーザー増加に比例して格安SIMカードの種類も増えました。

SIMカードを取り扱う通信事業者


格安SIMカードを扱っているのは「MVNO」と呼ばれる通信事業者。MVNOは大手キャリアの通信回線を借りて格安なプランをユーザーに提供する通信事業者のことです。ほとんどの通信事業者は、ドコモの通信回線を借りています。なかには、au回線を借りているMVNOもあります。

キャリアMVNO
ドコモ日本通信・エキサイト・BIGLOBE・IIJmio
DTI・@ニフティ・U-NEXT・楽天
aumineo
ソフトバンク×


MVNOのメリット①


MVNOサービス最大のメリットは、月額料金が割安であるにも関わらず、大手キャリアの通信速度と同じ高速LTE通信が利用できることです。プランによっては、データ通信量や通信速度に制限はりますが、自分の使用頻度に合わせたプランを選べば無理なく確実に月額料金を大幅に抑えることができるでしょう。

MVNOのメリット②


低価格な基本料金で利用できる電話アプリサービスや、低価格または無料で利用できる公衆無線LAN、などなど選択できる幅は非常に広い。さらに、大手キャリアにある2年契約が、格安SIMではあまり見られず、不要になればすぐに解約できるプランが多いのも大きな利点です。

MVNOのデメリット


しかし、このような利点ばかりではありません。自分の使用頻度に合ったプランを選ばないと、通信速度が制限されてしまうと通信速度がガクンと落ちてしまいます。高速通信量をチャージできるオプションもありますが、少々割高になってしまいます。また、家族割などの割引サービスはなく、同キャリア間無料通話のようなプランもありません。


MVNOのメリット・デメリットまとめ


ここがGOODだよ!MVNO!



割安な費用でスマホが利用できる格安SIMでは大きな利点。通信速度よりも低価格優先の人には500円程度で運用できるプランもあります。通信と通話を使う頻度が少なければ、大手キャリアより月額が安くなる可能性は高いです。
2年縛りのないサービスが多い大手キャリアプランには2年縛りが付きもの。ここが機種変更でもためらってしまいがちで、タイミングを間違うと解約手数料が発生してしまうやっかいもの。格安SIMの多くは利用期間に制限はありません。いらなくなったら解約できます
自分に合ったプランが自由に選べる格安SIMでは、無料で公衆無線LANが使えたり通話料が大手キャリアの半額になる電話アプリが使えたり、いろいろなプランがあります。プランを自由に選べるのも格安SIMの大きな魅力です。


ここがイマイチ.....MVNO!


スマホの初期設定は自分で大手キャリアのショップでは、サービスでしてもらえる初期設定ですが、格安SIMでは自分で設定をしないといけません。
大手キャリアサービスは利用不可家族割やキャリアメールなどのサービスは格安SIMにはありません。大手キャリアの割引サービスを含めて検討した上で、安い方を選んだ方がいいです。
自分に合ったプランを選ばないと割高に格安SIMのプランは、高速通信容量に1ヶ月1GBや2GBといった制限を設けることで低価格となっています。低価格なプランを申し込んでも制限容量をオーバーしてしまうと通信速度が極端に落ちてしまうので、使いにくくなります。



MVNOで「できること」・「できないこと」


できること


インターネット・電話・緊急通報・緊急速報
internet.jpg
地震.jpg

できないこと


キャリアメール・割引サービス・おサイフケータイ。無料通話

すべてにおいて格安スマホが有利というわけではない


格安スマホと大手キャリアの月額料金と比較すると、格段に安いということに間違いはありません。しかし、使い方によっては格安スマホの方が割高になってしまうケールもあります。

例えば、大手キャリアにはある通話「カケホーダイ」は格安スマホにはありません。仕事や私用で通話が絶えない人には、格安スマホは向いていません。電話アプリはあるものの同アプリ間以外の通話は少なからず通話料がかかるので「カケホーダイ」には勝てません。今後、格安スマホ版の「カケホーダイ」に期待します。

高速通信は、大手キャリアと同じく月々の使用できる容量が決まっていたり、通信し放題もあったり、似たり寄ったりです。ただ、格安スマホには、容量別・通信速度別など、様々なプランが多くのMVNO事業者によって用意されています。あまりにも多すぎて迷ってしまうでしょう。月額料金を少しでも節約するには、現状の通話料や通信料、使用頻度を見極める必要があるでしょう。




posted by かおり at 11:00| 京都 ☁| Comment(0) | ■格安スマホへ変更する前に | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください